宮崎市で優しいはり・お灸が受けられる鍼灸院をお探しなら、HARUリラクゼーションへ。

はり・きゅう HARUリラクゼーション


HARUの由来『陰陽説』

万物を相反する性質の二要素で解釈する二元論に基礎をおいた考え方です。

 

詳しく言うと、

 

古代中国の思想に端を発していて、森羅万象や宇宙のありとあらゆる事物を様々な観点から陽(よう)と陰(いん)の二つに分類すします。

陰と陽とは互いに対立する性質を持った二つの気であって、万物の生成消滅と言った変化はこの二つの気によって起こるとされます。

この自然現象では、たとえば、陽は大宇宙(天)に属する無形の気で上昇の性質があり、清くて軽い。

陰は地に属していて形があり沈降の性質、濁っていて重い。

このまったく相反する(逆の)性質の陰陽二気は相対的に存在していてつねにいくらか平衡(バランス)を保っています。

つまり、陽の中にはつねにいくらかの陰があり、陰の中にはつねにいくらかの陽があのです。

自然現象では運行がこの均衡によって正しくおこなわれているものの、もしこの均衡が何かの原因で破れると、運行不順となります。

能動的な性質を「陽」、受動的な性質を「陰」に分類します。

具体的には、光・明・剛・火・夏・昼・動物・男性などを「陽」と解釈し、闇・暗・柔・水・冬・夜・植物・女性などを「陰」と解釈します。

これらは相反しつつも、一方がなければもう一方も存在し得ないという究極のバランスといっても過言ではないでしょう。

森羅万象、宇宙のありとあらゆる物は、相反する陽と陰の二つの気によって消長盛衰し、陽と陰の二つの気が調和して初めて自然の秩序が保たれるということです。

 

重要な事は陰陽二元論が、この世のすべてのものを、善一元化のために善と悪に分ける善悪二元論ではないと言う事です。

陽は善ではなく、陰は悪ではないということです。

 

陽は陰が、陰は陽があってはじめて一つとなりえる

 

あくまで森羅万象を構成する要素に過ぎません。


私なりにですが例えてみますと、

 

 

夫婦(亭主関白だった場合)

      

【例1】
新婚生活                 夫(陽)         妻(陰)

仕事が軌道に乗る(支える妻)            夫(陽)       妻(陰)

浮気がばれる             夫(陰)       妻(陽) 

夫が病に倒れる            夫(陰)     妻(陽)
妻が家庭を支える           夫(陰)     妻(陽)

 

【例2】
新婚生活                 夫(陽)     妻(陰)

仕事が軌道に乗る(支える妻)            夫(陽)     妻(陰)

浮気がばれる(隠し通す夫)           夫(陽)     妻(陽) 

離婚  

 

【例3】
新婚生活              夫(陽)     妻(陰)

仕事が軌道に乗る(支える妻)          夫(陽)     妻(陰)

浮気がばれる             夫(陰)     妻(陽) 

夫が病に倒れる           夫(陰)     妻(陽)
夫が元気になる             夫(陽)     妻(陰)

 

男性も女性もある時は陽となり、ある時は陰となりうる。その時その時によって絶妙にを平衡を保っている(調和している)のではないかと考えます。(例1・2)

陰陽が相反せず、均衡が破れると運行不順(離婚)となる 。調和していないと考えると分かりやすくないでしょうか。

考え方なので人によっては陰陽が逆にとらえれる方もいらっしゃいます!それでも構わないと思います。

 

二元論の具体的な説明をみると分からなくなる方が多いのではと考え、例えてみました。

 

当院も名称はHaru(陽)ですが、患者さんに合わせてひなた(陽)であり、ひかげ(陰)でありたいと考え、お互いに調和し病という均衡が破れ運行不順となった体の調和を整え(平衡を保つ)ていけるよう知恵を提供させていただきます。

 

例えすぎて分かりずらい方申し訳ございません。読んでいただきありがとうございました。

はり・きゅう HARUリラクゼーション のご案内

住      所:
〒880-0902宮崎県宮崎市大淀4-3-6
アクセス:
南宮崎駅から徒歩3分宮交シティから徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
0985‐89‐2690
営業時間 :
【午前】
10:00~13:00
【午後】
14:00~19:00
定休日 :
火・水

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ