宮崎市で優しいはり・お灸が受けられる鍼灸院をお探しなら、HARUリラクゼーションへ。

はり・きゅう HARUリラクゼーション


よくあるご質問(妊活編)

できるだけ専門用語を使わずに説明します!


なぜ子宮の症状を手や足で治せるのですか?
手や足と子宮はつながっているからです。
鍼灸を体験されたことがある方は一度は疑問に感じたことがあると思います。
間違いなくよくされる質問です。
鍼灸は昔からある治療方法なので、まだ体の中身(構造)がわかっていない時代は気の流れでつながっているとしか表現できなかったんですね。
今は解剖学という学問があるのですが、この時代の文化ではご遺体を解剖するなんてできなかったんです。
ですので経験をもとに詳細をまとめ、効果のあるツボを見つけていったのです。
私たち鍼灸師が今現在使っているツボは先人の経験からなるのもなんですね。
そして不思議と症状に効果のあるツボが手や足に見つかっていったのです。
このような説明になりますがおわかりいただけるでしょうか?

今では血管がはりめぐらされているいることが解剖学でわかっていますので、私自身気の流れなんて習ったことはありません(^^)
この質問の答えは「手と足は血管で子宮とつながっているから」です。

特に手や足には筋肉が多く血管も沢山張り巡らされています。
ということは血液もふんだんに蓄えられているのです。
この血液は循環しないとドロドロになってしまいます。
運動をしない、冷え・むくみがある方は足先手先の血液がドロドロに硬くなっています。
このドロドロの血液は循環させると酸素が沢山含まれ、子宮の栄養源となるのです。
ですので、そのままだと大切な栄養が子宮にいきわたらない、なんてことになってしまうのです。
この足先手先に滞った血液を子宮まで運ぶのにお灸が効果的ということなんです。

お灸で、血液を温めると血液がサラサラになります。
すると、血管をスムーズに流れるようになります。
ということは、子宮にまで栄養がいきわたる!ということです。

この「スムーズに流れる」ということが非常に大切で、この仕組みのことを『代謝』と呼びます。
代謝が良くなることで栄養が子宮にまで届く。
すると、子宮が元気になるので子宮の症状を治せる!ということです。

手や足⇒子宮 までのつながりはイメージできたでしょうか?

さらにツボを選んであげることで滞っている場所を的確に判断します。
お灸をすることで ⇒ 血液がサラサラになり ⇒ 子宮に栄養が届く

まとめるとこんな感じです。

運動をすることで『代謝』に最も関係する、心臓の働きも助けることまでわかっていただけるでしょうか?
不妊症で運動をしていない方、運動も一緒にすることで効果倍増です!
うまく、または正しく伝わったでしょうか?
この文章は私なりの表現です。伝わりやすくと思いできるだけ専門用語を使わずにお伝えしていますので、表現に誤りがあった場合は申し訳ありません。
詳しく知りたいという方は来院時にでも気軽に聞いてください(^-^)


治療するタイミングはいつから?
こちらをご覧ください


移植後に一回だけ鍼灸を試してみるだけでも効果はありますか?
しないよりは効果的というのが本音でしょうか。
痛み止めの様なお薬感覚での治療効果は望めません。
体質を変えることを根本に鍼灸治療は行いますので、不妊治療はどうしても気長に考えていただきたいです。
体の自然なサイクルにそって整えていくのが鍼灸治療の考えであることをどうかご理解ください。


早く良くなるために熱さはがまんしたほうがほうがいい?
がまんしないほうがいい!

お灸は熱いほうが効くというものではありません。
「効くのであれば子供のためにがまんします」これがお母さんの本音だと思います。
不妊治療をしていると、少しでも早く子供を授かりたいという思いからか、こんな言葉を患者さんから聞きます。
お風呂の場合、熱すぎるとのぼせます
食事の場合、食べ過ぎると胃がもたれます
このように過ぎると大切な卵の成長を妨げるのです。
丁度良い熱さとは、人間も卵も一緒です。
気持ちいい、心地よい熱さが最も成長をうながします(^-^)


『はり』は痛いほうが効く?『はり』が痛いところは悪いところ?
「痛いほうが効く」ではありません。痛いところは悪いところです。

「灸」 は温めることで血液がサラサラになるのですが、
「はり」は刺すことで筋肉の緊張を解き、血管がゆるむことで血液がスムーズに流れるようになります。
「はり」は痛くすると逆に筋肉を緊張させてしまします。
「痛い」や「こわい」と感じると体に力が入りますよね!
緊張させると体も疲れますので痛いと効きません。
でもどうしても痛い部分があるんです。
そこが悪いところなんです。
矛盾していますが、実は痛いところに痛くないように刺すことができるのです。
痛いところを少し外して、周りから徐々に緊張をほどくように刺していくのです。
最終的には全く痛くなくなります。その時は改善した証拠ですね☆


押さえて痛いということはどういうこと?
そこがツボ!!

押さえて痛いということは筋肉が緊張していたり血液が滞っている証拠です。
鍼灸治療では、体に現れるサインを昔からの方法で確認しますので数値や機械での検査は一切しません。
なので押さえて痛いところを見つけ、ツボとして判断します。

その他ご質問があればどうぞお気軽にお問合せ下さい。

はり・きゅう HARUリラクゼーション のご案内

住      所:
〒880-0902宮崎県宮崎市大淀4-3-6
アクセス:
南宮崎駅から徒歩3分宮交シティから徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
0985‐89‐2690
営業時間 :
【午前】
10:00~13:00
【午後】
14:00~19:00
定休日 :
火・水

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ