宮崎市で優しいはり・お灸が受けられる鍼灸院をお探しなら、HARUリラクゼーションへ。

はり・きゅう HARUリラクゼーション


発明しました!

11月も半ばに入り

だいぶ寒くなってきましたね

やっと寒くなってきたと表現した方がいいのではないかというくらいの時期ですが

そこはやっぱり!日本の日向ですから

これくらい暖かくなくちゃですね

毎年毎年この時期がきて、また暖かくなって

を繰り返していますが

私の治療もおなじことを繰り返しています

お伝えすることや

治療内容もflair

でもおんなじことなんですが

進化しているんですgood

同じことなのに進化している?

言葉が矛盾していますね

ですがこの言葉の通りなんです

治療内容で言えば、やっていることは同じなんですが、説明の方法は進化しているんです

説明の方法ってついつい私たち鍼灸師の専門用語になってしまいがちなんですが

患者さまがわかりやすいように、言葉を選び、時には表現方法を擬音語にしたり

工夫に工夫を重ねているんです

でも間違って伝わってはいけませんので慎重にflair

慎重にしているとついつい時間がかかってしまいます

時間がかかると悪いわけではないのですが

次の方が待たれたりと

そのかかった時間で迷惑をかけてしまいます

なので、なんとか時間が確保できるように説明の方法をと考えていましたが

今回は説明のための時間を確保するアイディアが浮かびました

お灸に点火する時間の有効活用ですwink

なんのこっちゃわからない方はすみませんsweat01

image1.jpegこれまではこのように点火するために

ろうそくに火をつけて、お灸に火をつけるために

手で持っていました

ですがこの持っている時間を有効に使えるようにと

こんなものを作ってみましたsmile

ジャーンsign03
image3.jpegこれをみても想像もつかないと思いますが

なんせ、スタッフさんにも伝わらなかったですからね

ではでは、どんな感じになるのかといいますと

こんな感じですhappy02

image2.jpeg
手を放していても、ろうそくに火さえつけちゃえば上手に点火されちゃいます

火がつくまでおよそ20~30秒

たったそれだけで患者さまに説明できる時間が増えるのかと

そう言われちゃいそうですが

この時間でカルテに記入したり

同時に鍼の準備ができたりと

使える用途は様々です

患者さまをお待たせしたくない

少しでも接する時間が多くなることで説明に納得していただきたい

そんな思いからこんなものが出来上がりました

物を作るのが大好きな私としては大満足ですlovely

思ったよりもいいものができたとcoldsweats01

自我自賛な私の話を聞いてきくださり、ありがとうございました


また何か作ったらアップするので聞いてやってくださいねwink

この点火台も進化させていきたいと思いますscissors


更新

<< 前の記事

はり・きゅう HARUリラクゼーション のご案内

住      所:
〒880-0902宮崎県宮崎市大淀4-3-6
アクセス:
南宮崎駅から徒歩3分宮交シティから徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
0985‐89‐2690
営業時間 :
【午前】
10:00~13:00
【午後】
14:00~19:00
定休日 :
火・水

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ