宮崎市で優しいはり・お灸が受けられる鍼灸院をお探しなら、HARUリラクゼーションへ。

はり・きゅう HARUリラクゼーション


『経験者は語る』

4月から当院の受付では熊本地震の義援金募集をさせていただいています

沢山の方に寄付していただき嬉しい限りです

そんな中、私にはさらに嬉しいいただきものがありました

それは寄付していただいた患者様で

実際に阪神淡路大震災を経験した方からのお言葉です

私は小学生ながらにTVで見た光景だけしか記憶にありませんが

あきらかに阪神淡路大震災の方が今回の熊本地震に比べ被災規模は大きかったように感じていました

熊本の方々には大変失礼な言葉かもしれません(以下を読み進めてください)

ですが実際経験した患者様からは本当に熊本地震は大変だと思うとのこと

『余震がこれだけ続くのは本当に苦しいと思う』というご意見でした

余震があるだけで夜が眠れず

不安を抱えたまま日々を過ごすことの大変さを

味わっている方は被災の規模ではなく

一人一人の心の大変さを言われていたのです

人にはそれぞれ価値観があり

大変と思うそのものが、人それぞれによって異なります

私は震災に遭ったことがありませんので客観的にしか震災を見ることができませんが

やはり、経験者の話を聞くと納得でした

経験せずには感じることができない大切な価値観をしることができました

こういうのって聞こうと思ってもなかなか聞けるものではないので

私は価値あるお話がきけてラッキーだなと素直にそう思いました

実際余震で3~4日眠れないでいた私たち家族はかなり体調不良になりましたし

不安とこれから先いつまで続くかわからない先が見えない状況と言うのは

本当に大変だと感じました

熊本で被災された方たちは私たちの何百倍も大変な思いをされているのです

余震が熊本地震に比べ早く終わった阪神淡路大震災は

復興へのモチベーションが速く高まったとのこと

こういう感覚も実際に被災されて熊本地震と比べることができたからですね

熊本義援金の募集をさせていただいたおかげでお金には代えられない大切な事を学ばせていただきました

熊本の皆さんに、そして募金して下さった患者様に心から感謝します

最後まで読んでいただきありがとうございました<m(__)m>

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

はり・きゅう HARUリラクゼーション のご案内

住      所:
〒880-0902宮崎県宮崎市大淀4-3-6
アクセス:
南宮崎駅から徒歩3分宮交シティから徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
0985‐89‐2690
営業時間 :
【午前】
10:00~13:00
【午後】
14:00~19:00
定休日 :
火・水

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ