宮崎市で優しいはり・お灸が受けられる鍼灸院をお探しなら、HARUリラクゼーションへ。

はり・きゅう HARUリラクゼーション


膝の痛み(関節炎)

あなたはこのような症状でお困りではないでしょうか?
  • 膝が痛いため膝ばかりを治療している
  • 病院では注射(ヒアルロン酸)するが改善しない
  • 病院で膝の隙間が狭いと言われた
  • 他院では体重を減らさないと改善しないと言われた
  • 他院では年齢からくるものだからしょうがないと言われた
もしこのような症状でお困りでしたらきっと当院がお役に立てるはずです。

あなたがお困りなのは痛みをどうにかしてほしいはずだからです。

変形していても、腫れていても、O脚になっていても、膝が曲がらなくても、体重が減らなくても、年齢が若返らなくても
痛みはおさまるはずです。
それはなぜか?

答えはシンプルです。
痛みをかばってあげればよいからです。

例えて言えば、右足首を捻ると左脚でかばいます。それはかばうことで右足への負担を軽くしてあげるためです。
こういったかばうということが人間は生まれながらに備わっており、当たり前にできてしまうのです。

ではなぜ右膝が痛いのに左膝はかばえないのか?
それは左側も痛いからです。
足首で例えたように左脚にも原因があればかばえないですよね?
患者様のほとんどが、初めは逆膝が痛かったんですと言われるケースが非常に多いのはこのためです。
かばうのですが、かばっていた側の痛みが強くなりかばえなくなってくるのです。
するとどうなるか?
できるだけ動かさないように歩く。できるだけ曲げないように動かすのです。
これは痛みがでないようしているためです。
こうなると曲がらなくなったりO脚になってしまうのです。
異常な歩き方、動き方をするため水がたまったり変形してしまうのです。

ではどうすればよいのか?
逆の脚の筋と痛みがある側の筋を柔らかくしてあげるのです。
そうすることで骨の痛みを筋が補うことができます。
ですので、膝を治療するのではなく太ももやふくらはぎの筋を治療するのです。

では、太ももやふくらはぎの筋を治療することでどうなるのか?
筋を治療すると柔軟性が回復するのです。
筋はクッションのやくめをしているのです。
その証拠に骨だけで人は立つことができません。歩くことはできません。
骨を支えるために筋が働き、筋が働きやすいように骨があるのです。
骨は身体を動かすときの軸となるものなので、決して体重を支えるものではありません。
ですので、筋が本来の仕事をできなくなったために、骨に負担がかかるのです。

まとめます。
太ももやふくらはぎの筋を治療することで筋の柔軟性を正常に回復することができます。
すると関節(骨)にかかる負担を軽減できるということです。

・膝を治療していても対症療法にすぎません。
・注射(ヒアルロン酸)をしても膝への負担は変わりません。
・狭くなった膝の隙間はもとにはもどりません。
・食事で体重を減らせなければ運動をするしかありませんが、痛みがあればできません。
・年齢は若返りません。

様々なことを言われてきていると思います。
ですが筋の柔軟性は回復します。
鍼灸治療は骨をどうこうすることはできません。
しかし、鍼は固い筋を直接ゆるめることができます。
灸はゆるんだ部分の血行を一気に改善させることで筋を正常な状態に近づけることができます。
繰り返しますが、変形や関節の異常、年齢や体重は変えることができませんが、筋の柔軟性を正常に回復させることで痛みはおさまるのです。

一度ですべてが改善することは難しいですが痛みが出てから早ければ早いほど改善も早いです。
症状にもよりますがある程度の目安としては、週に1~3回の治療を5~10回程度で当院では結果をだしています。

あきらめずに鍼灸治療を試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

はり・きゅう HARUリラクゼーション のご案内

住      所:
〒880-0902宮崎県宮崎市大淀4-3-6
アクセス:
南宮崎駅から徒歩3分宮交シティから徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
0985‐89‐2690
営業時間 :
【午前】
10:00~13:00
【午後】
15:00~19:00
定休日 :
火・水

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ