宮崎市で優しいはり・お灸が受けられる鍼灸院をお探しなら、HARUリラクゼーションへ。

はり・きゅう HARUリラクゼーション


テニス肘・上腕骨外側上顆炎

テニス肘キャンペーン※税込み表示となります。※キャンペーンを見たとお伝えください。

テニス肘・上腕骨外側上顆炎と鍼灸治療

鍼灸治療はテニス肘・上腕骨外側上顆炎の痛みに効果的です。初回で効果的かそうでないかがわかります。
 

原因

筋の緊張

「筋の緊張とは?」筋の緊張とは筋肉が硬くなってしまうことです。患者様がよく痛い部分だけを訴えて来院されますが、実は痛い部分だけが悪くなっているのではなく、手の甲側から肘の外側につながる筋が硬くなり繰り返しの動作が原因で炎症を起こし痛むのです。

痛い部分に湿布をしても痛み止めを飲んでもエルボーバンドをはめても根本的な原因の改善にはなりませんのでその場しのぎになてしまいます。ですので根本的な原因である筋の緊張を和らげることが近道です。

筋の緊張があるかないか、触るとわかります。
患者様がよく勘違いされていることがあるのですが、触って硬い イコールで 筋力がある。というイメージです。

筋肉というのはしなやかでなければなりません。 硬い=筋力 ではなく しなやか=筋力 なのです。
しなやかとは 「竹」 のようなものです。硬さと柔軟性を兼ね備えたものです。

硬ければ強いというイメージは間違っていませんが、筋というのは固定するものではなく動かすものですので、硬さに柔軟性を備えていることで力を生みだせる仕組みになっているのです。

このしなやかさが判断できれば筋の緊張かどうかがわかります。
痛い部分以外で手を触診し、しなやかさの欠けている部分にあるツボを探し出し鍼灸治療を行います。
 

治りやすいテニス肘・上腕骨外側上顆炎

比較的治りやすいとはテニスプレーの時のみ痛みがあり日常生活には支障のない状態をいいます。

練習量が多いことも原因の一つですが筋の柔軟性不足がもっとも大きい原因です。柔軟性を高める鍼灸治療をできるだけ早く受けていただくことをお勧めします。

早ければ早いほど治りが良いのですがある程度の目安としては、治療の間隔を1週間空けずに4回程度の治療が必要です。
 

治療回数が必要なテニス肘・上腕骨外側上顆炎

テニスプレー時はもちろん日常生活での動作でも痛みがある状態をいいます。日常生活で患者様がよく訴えられるのが、遠くのものが取れない、ペットボトル(2ℓ)や重たい本が持てない、台拭きがしぼれない、押さえると痛いなどです。

さらにお薬で痛みを散らしている場合などは治りにくいです。大まかな目安ですが治療の間隔を1週間空けずに10回程度の治療が必要です。
 

テニス肘・上腕骨外側上顆炎の一般的な見方

テニスをする人にしばしばみられるのは肘関節の外側の骨の突起部(上腕骨外側上顆)周辺の痛みで、これが典型的な「テニス肘」です。これを一般的な解剖学用語に基づいて表すと上腕骨外側上顆炎ということになります。

ところが、テニスの選手によっては肘関節の外側ではなく内側に痛みを生ずることがあります。これは上腕骨内側上顆炎ですが、「テニス選手が肘を痛がる」という定義に従えばやはりテニス肘ということになりますが、頻度は外側のほうが多い。ですので、「テニス肘」に外側型と内側型の2型があることになります。

一方で、テニスをしない人、ことに主婦に同じ上腕骨外側上顆部の痛みを認めることが少なくない。この場合には上腕骨外側上顆炎という病名の方が適切です。
 
特徴
テニス中、特にバックストローク(バックハンド)で衝撃が加わると、上腕骨外側上顆に疼痛を生ずる。この部分の出血、部分剥離、小断裂などによる炎症が原因と考えられる。

テニスでは中年の初心者に多く発症する。一方、トッププレイヤーでは強力なサーブ、トップスピンなどの手関節の屈曲や回内動作により、筋付着部である上腕骨内側上顆炎を生じる。この内側型えをフォアハンドテニス肘という。
 
症状
上腕骨外側上顆部の圧痛(押さえて痛い)。

日常の生活動作ではタオルを絞る、雨戸を開け閉めする、ドアノブを回す、フライパンを持つ、重い辞典などの本をつかんで持ち上げるなどの手関節と前腕の回外を伴う動作で鋭い痛みが誘発されます。
 
診断
  • レントゲン・・・通常整形外科でのレントゲンには何も映りません。
  • 検査・・・中指伸展テスト、トムセンテスト、外側上顆の圧痛
施術
保存治療(安静、消炎鎮痛薬の内服と外用、湿布、ステロイド注射、テニス肘用バンドの装着、原因となっている筋のストレッチ)※手術はめったなことがない限り通常適応しない。

参考資料:臨床医学各論より

はり・きゅう HARUリラクゼーション のご案内

住      所:
〒880-0902宮崎県宮崎市大淀4-3-6
アクセス:
南宮崎駅から徒歩3分宮交シティから徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
0985‐89‐2690
営業時間 :
【午前】
10:00~13:00
【午後】
15:00~19:00
定休日 :
火・水

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ