宮崎市で優しいはり・お灸が受けられる鍼灸院をお探しなら、HARUリラクゼーションへ。

はり・きゅう HARUリラクゼーション


ヘルニア

専門用語を使うと
椎間板変性を基盤に、種々の力学的ストレスにより腰椎の椎間板の構成体(おもに髄核)が後方へ押し出され、神経根を圧迫する障害。
ということです。
ここでは私なりに患者様へわかりやすく書いていますので

かなり噛み砕いた表現になっていますのでご了承下さい。


ヘルニアとはもとある部分から脱出(飛び出した)した状態のことを言います。

ですので頸椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間板ヘルニアは

椎間板という場所から中身が飛び出してしまった症状の事を言います。

他にもヘルニアは脱腸と呼ばれるものがありますが、これは腸が飛び出てしまった状態です。

さらに、これは病気ではないのですが、「デベソ」も臍ヘルニアと呼ばれているんです。

ヘルニアにも色々なものがあるんです

今回ここでは椎間板ヘルニアについて書いていきたいと思います。

当院では多くの患者様がこのヘルニアで来院していただいていますが

実際にヘルニアと診断されても改善しないため鍼灸を受けに来られます。


ではなぜ鍼灸を受けに来られるのか?

それは痛みやシビレが改善されるからです。

日常生活の痛みから少しでも楽になっていただけるからです。

ですので、ここではっきりとお伝えさせていただきます。

ヘルニアは治らないことが多いです。

でもちょっと待ってください。

治らないというのは、ヘルニアが飛び出した状態が治らないのであって

痛みやシビレのことを言っているのではありません

ヘルニア になると 痛み・シビレ が発生する

これは西洋医学の診かたであって

東洋医学はこのような診かたはしません

実際ヘルニアで症状が出ていない方はたくさんいらっしゃいます

では東洋医学ではどのような診方をするのかというと

痛み・シビレ は 筋が緊張 することで発生するということです。

かなり簡単にまとめました。


では、なぜ筋が緊張することで痛み・シビレが発生するのか?

答えは簡単です。

【シビレ】
筋が緊張すると神経を圧迫するのです。
神経が圧迫されたままだとシビレてくるのです。

【痛み】
筋が緊張することでこすれあい痛みが発生するのです。
緊張とは筋が硬くなっている状態の事です。

この症状で最も関係している原因は筋の緊張です

筋が硬くなってしまっている状態を改善させることが

痛み・シビレを無くす根本的な解決方法なのです


ではなぜ鍼灸治療で筋が硬くなってしまった状態を改善することができるのか?

それは硬くなった部分へ鍼が直接とどくからです。

とどくことで硬くなった部分の血流が改善します

硬くなった部分の血流が改善したところへ灸をおこない血流を促進させます

鍼の後に灸をすることが最も効果的です

今まで改善しなかった症状を改善することができるのは

「直接とどくから」

というとてもシンプルな答えなのです

ヘルニアは改善しなくても痛み・シビレは改善させることができる理由はおわかりいただけたでしょうか?

あなたの痛み・シビレを治すために鍼灸がお役に立てることを願っています。

その他ご質問があればお気軽にお問合せ下さい。

はり・きゅう HARUリラクゼーション のご案内

住      所:
〒880-0902宮崎県宮崎市大淀4-3-6
アクセス:
南宮崎駅から徒歩3分宮交シティから徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
0985‐89‐2690
営業時間 :
【午前】
10:00~13:00
【午後】
14:00~19:00
定休日 :
火・水

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ